個人情報保護方針

日本応用老年学会(以下「本学会」)は、その事業目的を遂行するに当たっては、個人情報の取り扱いが不可欠であります。個人情報保護がますます重要となる社会情勢を認識し、収集した個人情報を適切に保護することが社会的責任であると考え、以下の方針に従って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の定義
 本学会では、特定の個人を識別することができる情報すべてを個人情報と定義します。

2.個人情報の収集
 本学会では、その事業目的に沿ったサービスの提供を行うため、特定の個人を識別することができる情報を必要な範囲でのみ収集します。
 個人情報を収集する際には、収集目的を明示し、提供者の同意を得た上で行います。

3.個人情報の利用
 本学会では、収集した個人情報をその目的に沿って必要な範囲でのみ利用します。

4.個人情報の開示提供
 本学会では、収集した個人情報の第三者への開示提供は行いません。但し、次に掲げる事由による場合は、収集した個人情報を第三者へ開示提供することがあります。
   1)法令の規定に基づくとき
   2)裁判所、警察、またはこれらに準じた権限を持った機関から合法的な要請があったとき
   3)提供者の同意があるとき
   4)個人情報処理の委託を行うとき

5.個人情報処理の委託
 本学会では、個人情報処理を外部へ委託する場合には、個人情報の漏洩等が行われないように、十分な個人情報の保護水準を満たしている者を選定します。

6.個人情報の適正管理
 本学会では、収集した個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、及び漏洩などを予防するために、合理的な安全対策を実施するとともに必要な措置を講じます。

7.個人情報の開示と訂正
 本学会では、個人情報の提供者から自らに関する個人情報の開示の請求及び訂正等の申し出があったときは、速やかに開示及び訂正等を行います。

8.個人情報に関する法令、規範の遵守
 本学会では、個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。また、本学会における個人情報保護方針をこれらの法令及びその他の規範に適合させ、規定する事項に従って個人情報を取り扱います。

9.個人情報保護方針の継続的改善
 本学会では、個人情報保護方針を定期的または必要に応じて見直し、継続的な改善に努めます。

以上